アルパカ行進曲

生きるうえで役に立つこととか面白いことをテーマにしたブログ

記事に貼り付けたAmazonのアソシエイトリンクが有効にちゃんと動作するか心配で確認をしてみたらエラーが!!また、そのやり方を紹介

サムです!!!!!

 

Amazonでは、自分のサイト内のリンクから商品を紹介して購入してもらうと数%の報酬がもらえるAmazonアソシエイトはみんな知っているよね??

 

このAmazonアソシエイトを利用することによって多額の報酬をもらっている人も多いので有名です

 

で、貼っているAmazonアソシエイトリンクが有効なのか突然不安になった!

 

けれども、サイトの運営を始めてばっかりの時は自分で作ったサイトからAmazonアソシエイトのリンクを貼ってみても報酬成果が得られない時には、「貼ったリンクってちゃんと有効に動いているのかな〜〜〜??」なんて不安に思うかも?

 

まあ、大体はサイトから商品がきちんと購入されていないってことが多いけれども、タグの記入ミス?なんてことがあるかも?

 

ブログのパーツ生成のツールを用いて転記ミスをしてしまっていたら、そのあとにどんなに努力しても水の泡!!!

 

前置きが長くなったけれども、そんなわけで、今回Amazonアソシエイトリンクが有効性であるかどうかがすぐに確認することができる、Amazonアソシエイトサイト内の「リンク動作確認ツールの使い方」を紹介します!!

 

リンク動作確認ツールの使い方!

 

まずは、Amazonのアソシエートサイトに入ります

https://affiliate.amazon.co.jp/home

 

f:id:dogwar:20171118172407p:plain

 

次の画面

 

f:id:dogwar:20171118172541p:plain

 


今まで取得したAmazonアソシエイトリンクURLを入力してあげます!

 

f:id:dogwar:20171118172914p:plain

 

 

以下は記事に貼り付けたAmazon商品の画像写真です

 

右クリックして取得したAmazonアソシエイトリンクURLをコピーします

 

f:id:dogwar:20171118173440p:plain

 

 

以下のようにリンクを入力して、確認ボタンを押します。

f:id:dogwar:20171118173720p:plain

 

すると・・・

 

 

f:id:dogwar:20171118174606p:plain

  

エラー:入力されたリンクURLは、正常にアソシエイトIDまたはトラッキングIDが関連付けられていません

 

な、なんと貼り付け方式を「画像」にするとエラー表示が・・・!!!!!

 

おいおい、気がつかなかったぜ・・・

 

 

つまり、この写真だけの紹介だとAmazonアソシエイトリンクとしての働きはないということがわかりました

 

画像貼り付けの要領

 

f:id:dogwar:20171118182543p:plain

 

 

 

それで、貼り付け方式を「詳細」で貼り付けたアソシエイトアソシエイトリンクも確認する

 

同じ要領で右クリック、リンクコピーをすると・・・

f:id:dogwar:20171118174723p:plain

 

f:id:dogwar:20171118175324p:plain

 

 有効:入力されたリンクURLにはお客さまのアソシエイトID、またはトラッキングIDが正しく関連付けられています。

 

この有効の表示が出れば、利用中のURLがあなたのアカウントに関連づけられた有効なリンクですよっていうこと!

 

つまり、そのURLのリンクから対象の商品が購入された場合、紹介料が払われることになります

 

最後にまとめ

 

以上の流れで、もし自分のサイトで

 

「商品が売れてもいいはずなんだけど報酬がレポートに反映されていないような気がするんだよな〜〜〜??」

 

なんて思ったら、この「リンクの確認ツール」を使ってURLがきちんと有効になっているかどうか確認して見よう!

 

わざわざ大勢の人にAmazonにある商品を紹介してもURLが有効でなかったら、全くその作業に意味をもたらさないものになるからね!!

 

そんなことで、ちょっとでも不安だとか、どうも怪しいんだけど・・・なんて疑って少しだけチェックをすることをお勧め!!

 

そんなに時間もかからないので、チェックしたらモヤモヤ感が無くなりますよ!!

 

いちいち全て紹介しているAmazonの商品リンクを一個一個確認していくことは結構面倒なので次のような場合に集中して確認をしてみることをお勧め!

 

Amazonの商品を多く掲載しているページで数多くの検索閲覧履歴がある場合

・かなり大勢の人が訪れるページにもかかわらず商品の売れ行きが悪い場合

 

まあ、普通だと、Amazonが生成したURL自体が無効で間違っていることはないかと思うけど、今回紹介したようなチェック方法があることを理解しておくといいです!

 

 

dogwar.hatenablog.com

 

 

dogwar.hatenablog.com