自己本位で生きていく

自分のよさを活かしていたいことを実行し生きていくことをテーマにしたブログ

デニーズが朝に混んでいる理由。サービスが素晴らしい!

日経の「生産性改善の好機に」という見出し。

 

レストラーンのデニーズでは今度店員さんが席を回ってコーヒーを注ぐフルサービスを廃止して、セルフサービス式のドリンクバーを導入するそうな。

 

→結局、ガストとかと一緒じゃん(°▽°)。

 

なんでも接客スタッフが5人必要だった時間帯をひとり減らして切り盛りするというのが理由らしい。

 

1974年以来、守り続けてきたこのサービス。(こんな伝統的サービスをいともあっさりやめてしまっていいのかー?デニーズさん!)これがあってのデニーズって感がなんとなく身に染み付いたサービスで、客もなにげない「コーヒー1杯いかがですか?」という一言に、おかわりが必要なくても「いいえ、結構です。」の返しで「ああ、いいサービスをする店だなあー」なんて感じて、ちょっと顧客満足度が上がるのだけども・・・

 

でも、こういうサービスは「過剰な日本流」であるらしい。→いいじゃない?日本ではこういう気の利いたサービスを好むのだから!

 

たまに朝に外出して時間があるときにコーヒー一杯で時間潰しをする時に、デニーズで280円のブレンドコーヒーを頼むと、なんと、ゆで卵とトーストサービスを提供してくれる。

 

f:id:dogwar:20170504110842j:plain

こんなイメージで、サラダ、ベーコンなし、目玉はゆで卵

 

朝刊をゆっくり読みながらのモーニングなんて最高じゃない!!

 

メニューにはとても小さく書いているので、なるべく気がついたお客さんだけの注文で勘弁してくださいね、という感じがひしひし伝わってくるけども、周りを見渡すとかなりの数のお客さんがこのサービスを利用している。これは口コミのおかげもあると思う。

 

実際、サムは、このデニーズの素晴らしいサービスを結構会社の同僚や家族に言いまくっている。

 

こうゆうちょっとしたサービスは絶対に残して欲しい。たとえこのサービスに対するコストが割に合わないとしても、ちょっとした感動したことが、長期で企業の大きな売り上げ貢献になって現れると思うから。

 

確かに、目先の収益性だけに注目すれば、人件費削減に有効だと思うけども、いいのかね、客の気持ちとか目線に立たなくて。

 

ドリンクバーって世に出たのいつだっけ?

 

もっと客が、「へー、こんなサービスをやっているなんて、いいじゃん」って思うようなサービスを展開しないと成長は見込まれないし、企業株を買って応援しようなんて気持ちは、まー起こらない。

 

先のモーニングサービスをまだ体験していない人は是非!!

 

おわりっy!