自己本位で生きていく

生きるうえで役に立つこととか面白いことをテーマにしたブログだよー!       見てってちょ

【通信料節約術】ソフトバンクの携帯代が高すぎ。どうしても解約したくて格安携帯イオンモバイルに移行した。

携帯の電話代金が高すぎて支払い厳しい!!格安携帯に変更したいなー。でもおっくうだしー(_ _).。o○

 

なんて思っている人は結構多いと思う。 

 

家計簿の見直しが必要な時に本屋で目に止まった2月号の日経トレンディーに、あった特集がこれ。

大手キャリアでどこまで下がる?格安スマホでどこまで使える?スマホ料金

 

ソフトバンク契約で月々多い時で夫婦で20,000円近くかかっていたのが、数千円に抑えることができたら、月々10,000円以上、年間で20万円弱の節約ができる!!10年使い続けると200万円の通信代を支払うことに・・・w(°▽°)

 

 

でも、どうやって??やっぱりめんどくさそう・・。こないだのニュースで格安携帯を契約している人は全体の5%ほどなんだとか。理由は契約手続きがわかりにくいとか・・・

 

でも自分でやって見たら簡単だったので、大手携帯キャリア(自分はソフトバンク)から格安携帯に更新する際の要領を今回お伝えするぞっ。

 

数あるサービスで調べると一番安い音声通話付きのプランサービスはイオンモバイル。ここは迷わずイオンモバイルに。ちなみにイオンモバイルはDOCOMO回線です。

 

家族がいる場合は最大5回線まで増やせるというシェア音声プランがいいっ!

 

 

f:id:dogwar:20170505082526p:plain

 

 うちの場合は自分をメインにして家内をサブにする感じで、出先でWifiなしで動画をじゃんじゃん見るとかゲームをすることなんてほとんどないんで4GBで決定。今は小学生の子供たちが将来携帯持ちたーいなんて言い始めたらSIMカードを増して場合によっては4GBから容量を大きくしたプランに変更すればいいって感じ。ちなみにイオンモバイルは解約手数料0円。

 

初期にSIMカード3,000円×2枚を支払い、1,780円(シェア音声4GBプラン)に700円(シェアSIM音声)の合計2,480円が2人分の月々の支払い。あとイオンの人に、イオンスマホ安心パックというのがあって、セキュリティ、スマホ保証、電話相談が月々600円でできてこれは契約1ヶ月目以降に解約できるというので、特にセキュリティーがAndroid携帯では心配なので入りました。

 

これで夫婦通話料別で月々3,080円、安っ( ´∀`)!!

 

通話は国内通話料 30秒ごと20円ですが、イオンでんわアプリというのがあって、ここから通話すると半額になるっていう説明です。今の所なんの制限もなく使えています。だいたい夫婦での会話はLINEがメインで電話で話しをする機会なんて緊急時くらいなもんです。

 

イオンモバイルの料金表

aeonmobile.jp

 

 

注意しないといけないのは、ソフトバンクiphoneだと、@i.softbank.jpのアドレスがもらえましたが、携帯会社オリジナルのメールアドレスはありませんので、自分で作ったGメールアドレスなどを使うことになります。

 

今はほとんどのやりとりはLINEとGメールで十分です。ある程度の制限は料金が格段に安くなっているので仕方がないと諦めるべきポイント。

 

以上の内容がある程度理解できたら、あとは携帯料金を安くするために行動し全力を尽くす。

 

①契約している会社に解約をするための電話をする。

 

間違っても店頭に行かないように。ちょっと考え直してくれとか、解約がスムーズに行えられなくなる可能性があるからね。サムくんの場合、東京ツーカー時代からの契約なので、20年近くもお使いいただいていたのにーとか言われました。ソフトバンクの場合、傘下のヤフーモバイルを勧めてくる情報も。

一言、「携帯料金高すぎるので、MNP手続きをお願いします( *`ω´)」と正々堂々とはっきり言いましょう!!

faq.mb.softbank.jp

 そして解約手数料の話もよく聞くように。

 

②既存スマホのバックアップをしておく。

 

連絡先はGmail一本で考えた方がよいと思います。iphoneの場合、下記サイトに詳しいやり方が載っています。

keikenchi.com

 

③晴れて解約できたら近くのイオン携帯取扱い窓口へ行って契約手続きする。

aeonmobile.jp

 

たったこれだけのステップで格安スマホ携帯のデビューできて年間10万円以上の通信料節約ができるんです。遅れを取るな!!

 

サムくんはソフトバンクiphone6の16GBを使っていましたが、こちらはソフトバンク非公式SIMロック解除モデルでした。自分のスマホ端末が公式か非公式に該当するかはこちらのサイトを参考にすると良いでしょう。

 

www.iphone-kakuyasu-sim.jp

 

 

泣く泣く、携帯端末はHUAWEIのnova liteを約2万円で購入しました。使い勝手は今のところはまあまあかな。端末代なんて通信代のことを考えればすぐペイできるし。割り切りが大事。

 

CMとかでよく話題にしている週末金曜に ミスドサーティーワンアイス、ファミチキをただで配る、毎月の500Tポイント付加サービス。あれは格安携帯に移行して欲しくない姑息な戦術であることをお忘れなく。

 

ここまで。

おわりっ