自己本位で生きていく

自分のよさを活かしていたいことを実行し生きていくことをテーマにしたブログ

【大人ぜんそくについて考える】ちょっと脱線してダニ予防の話

こんにちは、サムです。

 

取引先の方で、2、3年前から急に喘息になってしまって困っているという話を聞きました。原因について尋ねるとわからないとのこと、よく寒暖の変化があると咳が止まらなくなるそうです。

 

f:id:dogwar:20170510200641j:plain

 

ストレスなのか、環境の影響なのか、喫煙はしていないので喫煙が原因ではなさそうでしたが、それともダニ?とか?

 

小児喘息持ちだったのでよくわかりますが、喘息になってしまうと本当に辛いものです。気管支が腫れてしまって呼吸気が狭くなるので、夜中にヒューヒュー音を立てて朝まで寝られなくなります。しかも日中は大丈夫だけど夜中になると起こりやすくなる厄介な病気です。

 

何かアドバイスをと思い、「子供の時に苦しくなったらサイダーを飲むと多少楽になったのを記憶している」と伝えると、へえーと納得。「でも、根本的な原因を探して治療しないとなかなか治らないかも、やっぱり体質改善?」「どういう改善がいいの?」「そうねー・・・???」と喘息経験者の割にたいしたアドバイスができずに後悔。

 

程よく運動をしたりして体力をつけるとか、なるべく埃っぽいところは避けて、どうしても掃除とかで粉じんが立っている環境ではマスクをするとかすれば多少予防にはなるのかなあと。

 

なぜか、夏場近くになると喘息は起こりやすいような気がするので、夏場、喘息で検索してみると、気候と菌とダニの3つのキーワードが。気候は対策できないので、残りの菌とダニに注目。エアコンフィルターの菌が体に影響するするらしいので、業者に洗浄をお願いするとかした方が良いかも。

 

ダニは本当に厄介で人の皮膚を噛み付くものもいるのでヤバいですよ。この間テレビで見ましたが、6月から8月にかけて超爆発的にダニの量は増えるらしいです。このダニの死骸などによって喘息などアレルギー反応が起こる仕組み。一番ダニが多いのは、ソファーの面や隙間、絨毯、寝室の布団と枕。

 

ダニは光に弱いのでソファーや絨毯、布団など掃除機をかけるのは部屋を真っ暗な状態でダニの活動が活発になって表面に出てきた時がベストのようです。あとは驚いたのは、よく日光に当てればダニが死ぬと思いますが、ダニはどんどん光を避けようとして奥に奥にと潜ってしまうので、ダメなようです。また洗濯してもダニはへっちゃらで生きています。よって乾燥機で60度以上の高温にすれば消滅するとのこと。

 

うちの洗濯乾燥機は今壊れてしまっているので、枕は、黒いナイロンケースの中に入れて晴れた日に干しています。この時のナイロンケースの中の温度はちょっとわからないので本当にダニが死んでいるのかわかりにくいところが不安ではあります。今は市販の防ダニの枕カバーとか駆除防止スプレーなんかで退治してもいいかもしれませんね。

 

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

 

  

 

 

アース製薬 ダニバリア まくら用 ダニよけミニプレート 3枚

アース製薬 ダニバリア まくら用 ダニよけミニプレート 3枚

 

 

 

ダニがいなくなるスプレー 駆除・防止 ソープの香り 300mL (畳・寝具・ソファーに)

ダニがいなくなるスプレー 駆除・防止 ソープの香り 300mL (畳・寝具・ソファーに)