自己本位で生きていく

生きるうえで役に立つこととか面白いことをテーマにしたブログだよー!       見てってちょ

会社同僚の「たしかに」を頻発する口癖が気になる

こんにちは、サムです。

 

誰でも口癖ってあると思います。でもそれが会話の中で極端に頻発すると結構イラっとすることがあるので、ちょっと紹介します。

 

f:id:dogwar:20170521174724j:plain

 

それは、会社の同僚の口癖・・・

 

「たしかに」

 

たまに出るのならともかく、しょっちゅう出てくると、此奴は協調しているアピールなのかと思ってしまうが、当の本人は全く意識はしていない様子。

 

この「たしかに」は、もし何かの話しをした時に自分もそう思うを短絡的に、無意識に発している大変便利な言葉だと思うが、これを頻発してしまうと、「この人は自分の意見というものを全く持っていないのか?」と思ってしまう。

 

でも、この口癖が気になるからといってわざわざ本人に忠告するのもなんだし、第一こんなことを言って此奴は細かいこというやつだなんて思われるのに決まっている。

 

口癖は本人が意識して、これは良くないなと思わないと絶対に治らないと思う。自分の口癖を振り返ると以前に僕の口癖で「えっーと」をかなり入れていることを会社の上司に指摘されたことがあった。これを入れると、自信無さげに話が聞こえてしまうとのこと、これは自分でもわかっていたのだが、長年にかけて意識するようにしたら、自然と言わなくなったので、上司の忠告に感謝している。

 

身近な人に自分の口癖は何かを尋ねてみると意外な発見があるかもしれない。人を不愉快にさせている口癖があれば、まずそのことをを否定せずに受け入れて修正することが人とのコミュニケーションをよりよくすることだと思う。